むちうち症(頸部捻挫・むち打ち症)

■頸部捻挫(ムチウチ症)
70代男性。半年前に車に乗っていて追突されて首の後ろ、腰、両肩の痛みがでる。ひどい痛みはましになったが、導眠剤を飲まないと痛みで眠れない。また起き上がるときに腰部背部がひどく痛む。症状の改善を求めて来院される。

身体の状態をみて、年齢に伴う下半身の弱りがあり、上半身の緊張が取れないために痛みが継続していると考えました。手に上半身の筋緊張をとる鍼をして、足のツボにお灸をして下半身の弱りを改善するように処置しました。症状は徐々に軽快してきて、15回ほどでほぼ痛みをとれました。天気が悪いと症状がすこし出るので継続して鍼を続けています。下の2症例と同じく、追突やつよい打撲による治りにくい痛み症状は、下半身の弱りが原因のことが多いですね。適切なツボを選択しその人に合った適度な鍼や灸により症状は軽快していきます。
■頸部捻挫:20代男性
従来より、疲労しやすく首の痛み・肩こりがあった。8か月前に原付に乗っていて自動車と正面衝突し、全身打撲。外傷はなかったが、翌日より首・肩の強い痛みがおこる。1か月後から頭痛も併発。整形で牽引を5カ月するが無効であった。マッサージは当日は楽だが翌日には元に戻る。症状の変化がないので来院される。
身体を調べると、上半身が異常に緊張していて下半身が弱っている反応が出ていた。脈は緊張して固いが按じると力はなく、背部・肩は緊張、足のツボは弛緩して弱っていた。また疲れやすく、すぐに風邪をひくという。
上実下虚と体力低下の状態であると考え、背部と足に上下のバランスをとることと体力増すように鍼をする。
鍼施術ごとに首肩の緊張は緩んできて、疲労倦怠感も徐々になくなってきた。
週に1~2回の施術を行い、20回ほどで症状が大分軽減した。現在、長時間の資格試験の勉強もできるようになり、体調管理の為、週に1度継続して来院されています。

■頸部捻挫:30代男性
1年前に車に服を巻き込まれ、腕をタイヤに引き込まれて頸部のつよい痛みが出てくる。牽引、ブロック注射などするが症状が半分程度までしかとれないので、来院される。
身体を調べると、上半身の緊張がつよく、下半身が弱っている状態だったので、初め上半身の緊張をとるために頭に鍼をする。3回ほどで強い痛みは軽減するが、その後痛むが戻ってくるので、下半身の弱り(漢方での腎虚)を補うことを中心に鍼灸をする。足の腎を補うツボに30分ほど置鍼する。このツボで痛みは徐々に軽快し、戻りにくくなり20回ほどで痛みがほぼ消失したので治癒としました。このように頸部の痛みが治りにくい原因が下半身の弱りにあることが往々にして見られます。

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.