潰瘍性大腸炎

■潰瘍性大腸炎
30代男性。5年前に発症。ステロイド内服にてコントロールしていたが、症状が悪化して来院。ストレスと漢方での脾胃の弱りによるものと考え、足のツボに鍼をする。週に2回の鍼を継続して、徐々に症状が緩和にあわせてステロイドは減量していった。1年ほどの鍼でステロイドは休薬となり、体調管理のため週に1度通院している。

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.