症例と適応症

個別には 〇メール 〇電話 などでご相談ください。

当院での症例

『青色の病名』をクリックすると症例が表示、これらは症例の一部です。尚、症例内容は個人が特定・類推できないように個人情報を省いています。

WHOでの鍼灸適応症はこちら

病  名・症状検索はこちらから

■更年期障害(ホットフラッシュ,不眠,いらいら,倦怠感,うつ症状など)

■不定愁訴・自律神経失調症

■子宮頸部異形成

■虚弱体質の改善(すぐ疲れる,風邪をよくひく、たちくらみなど)

■小児の症状・病気【小児ハリ】

■過敏性腸症候群

■鬱病

■不安神経症・強迫神経症

■広汎性発達障害(小児・成人共に)

■不眠

■アトピー性皮膚炎

■蕁麻疹・皮膚アレルギー

■にきび

■喘息 ■咳症候群(感染がなく咳が止まらない)

■肺気腫

■花粉症

■IgA腎症

■潰瘍性大腸炎

■関節リウマチ

■パーキンソン病

■不妊症 ■卵管閉塞

■精子減少症

■前立腺炎

■逆子

■子宮内膜症 ■生理痛

■腰痛症・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア(手術適応以外)・下肢しびれ

■頚椎症・首の痛み

■むちうち症(頸部捻挫・むち打ち症)

■膝痛・膝変形性関節症(痛みと炎症の除去)

■テニス肘

■高齢者の歩行困難

■突発性難聴

■メニエル症候群

■悪性腫瘍・癌の抗がん剤による倦怠感・嘔気・食欲不振などの諸症状の緩和

■動悸、心房細動

■本態性高血圧

■高脂血症の改善

■糖尿病

■慢性化した膀胱炎

■高齢者の心機能・腎機能の低下

■インフルエンザ治癒後の倦怠感・体力低下

■三叉神経痛

■円形性脱毛症

■症例について:同じ症状でも鍼灸で同じような効果がでるとは限りません。病気・症状の程度、体質の違いで効果が異なる場合があります。

■WHOで作用が認められている以下の病気・症状に対応します。

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、消化不良、食欲 不振)・小児喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症,虚弱体質の改善(風邪をよくひく,など)

【神経・脳神経疾患】

自律神経失調症・神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・認知症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ

【運動器疾患】

関節炎・リウマチ・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・ぎっくり腰,外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち)

【循環器疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧・低血圧・動悸・息切れ

【呼吸器疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多)・肝機能障害・痔疾(いぼ痔など)

【代謝内分秘疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・貧血

【生殖、泌尿器疾患】

膀胱炎・性機能障害・腎炎・不妊症

【婦人科疾患】

逆子にも有効です.更年期障害・乳腺炎・生理痛・月経不順・冷え性・不妊

【耳鼻咽喉科疾患】

突発性難聴・中耳炎・耳鳴・メニエル病・蓄膿・扁桃炎

【眼科疾患】

眼精疲労・結膜炎・疲れ目・かすみ目・麦粒腫
西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮市の鍼灸 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.