高齢者の歩行困難

■歩行困難:80代女性 半年前より歩行ができなくなり、車いすでの移動になる。同時に認知症状が悪化して会話がなかなか通じなくなり、来院される。漢方では腎虚のつよい状態と筋肉の弱りと考え、手の経穴に鍼をし、足に灸を行う。週に一度の鍼灸を半年ほど継続して認知症状は改善し、会話が普通にできるようになる。また腰痛は軽減し脚力もついて、短時間なら単独歩行ができるようになりました。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.