鍼灸による体質改善

投稿日:

■鍼灸の体質分類
鍼灸は、中国で『黄帝内経』という書物として2000年前にはすでに体系化され実践されていました。
『黄帝内経』に記載される鍼灸医学の特徴は、体質医学の考え方を持っている事です。
鍼灸では病気の原因を外因(気象・気候変化や西洋医学での細菌・ウイルスなど)と内因(主に精神情緒の変動)にわけています。
身体に弱りや偏りがあると外因(寒暖差、暑さ、寒さ、高湿度、乾燥、ウイルス・細菌など)が容易に入り込んで風邪や発熱性疾患を発病したり、内因であるストレスに弱くなり、精神不安定、肩こり、疲労倦怠感などが起こってきます。
身体の弱りや偏りとは、体質のことです。
鍼灸では、体質を以下の ように分類しています。
大きく分類すると、実証・虚証と熱証・寒証になります。

実証・虚証とは
実証は、体力が充実して強い状態です。外因では発病しにくいですが、内因で精神ストレスが多いと血圧があがったり、興奮して怒りやすくなったり、不眠になります。
虚証は、体力が低下した状態です。外因である冷たい風にあたって風邪をひいたり、梅雨に湿気で倦怠感、下痢などを生じやすくなります。また少し仕事をすると疲れてしまうような体質が相当します。

熱証・寒証とは
熱証は、暑がりで身体が炎症傾向の状態です。舌色は平均より赤く、体温も高めです。健康な人も多いですが、湿疹・吹き出もの・歯周病・糖尿病などに罹りやすい体質です。
寒証は、寒がりで身体の機能が低下傾向の状態です。舌色は平均より白っぽく、体温は低めです。風邪を引きやすく、体力もあまりありません。

体質の組み合わせ
①と②の体質はペアになります。多いのは
実熱証(熱証と熱証が同時にある)、
虚寒証(虚証と寒証が同時にある)
虚熱証(虚証と熱証が同時にある)です。
実熱証は、体力があり炎症傾向。
虚寒証は、体力がなく、機能が沈滞傾向。
虚熱証は、体力が低下しているのに熱症状があるものです。慢性病が進んだ状態で現れます。

現代人は上実下虚が多い
現代日本は仕事のストレス、社会情勢の不安など多くの緊張に晒されています。そのため上半身が緊張し、運動不足で下半身が弱っている人が多くなっています。
これも体質の一つで、上の分類と合わさって、頭痛・めまい・不眠・腰痛・各種アレルギー疾患、更年期障害などを生じやすい体質になっています。

■体質改善の効果
鍼灸で偏った体質を改善すると、症状が軽快したり病気に罹りにくくなります。例えば、熱証の体質を改善すると、吹き出物が出なくなったり、血圧が下がってきたり、よく眠れるようになります。
虚証の体質を改善すると、朝起きがよくなり、疲れにくく、風邪をひかなくなってきます。
このように身体のベースであ る体質を改善することは「治未病」(未だ病まざるを治す)といって、予防医学に通じていきます。

■体質改善の鍼灸
体質ごとに鍼灸の内容が異なります。
実証は少し強めの刺激をし、虚証はごく軽い鍼刺激やお灸が適しています。
寒証は鍼と合わせてお灸が適しています。
熱証は鍼が適しています。
上実下虚のタイプは上半身の緊張を緩め下半身の弱りを補って治していきます。

橋本鍼灸院では、主訴と合わせて体質も同時に改善する鍼灸をしています。主訴が改善しても、体質の偏りは残っていることが多いので、2週間に1度など、あいだを開けつつ鍼を継続して受けることで体質を改善していきましょう。

 

-◆鍼灸コラム◆

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.