秋とかぜの治療(2) - ブログ 東洋医学と気象歳時記

内経気象学

秋とかぜの治療(2)

更新日:

秋の七草・藤袴

9月以降、当院では来院される方に桂枝湯証(寒気と共に少し発汗しているタイプ)が例年よりも多いです。

これは夏の記録的猛暑で気血が弱っている為と考えています。

また、かぜを引いて下痢をする子供も多いですね。

秋雨前線が長く停滞して雨が多いために身体の水はけが悪いためです。

※漢方薬は「中医臨床のための方剤学」神戸中医学研究会編著を参照。

※漢方薬は、医師・薬剤師の指導のもと服用してください。

【続く】

 

クリックして頂けたら嬉しいです東洋医学ランキング



 

クリックして頂けたら嬉しいです東洋医学ランキング

-内経気象学,

Copyright© ブログ 東洋医学と気象歳時記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。