現代生気象学 | ブログ 東洋医学と気象歳時記

「現代生気象学」 一覧

クリックして頂けたら嬉しいです東洋医学ランキング

やっと梅雨入り~気象の影響色々

6月25日夕焼け~湿度が高いので綺麗です 昨日6月26日に九州北部・四国・中国・近畿地方がやっと梅雨入りしました。 6月27日9時天気図(気象庁提供) 本日27日は気温がやや低く、高湿度の気象になって ...

夏至と梅雨~紫外線とpm2.5

半夏生の群れ 夏至とは 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 夏至 中国や日本の太陰太陽暦の二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ。太陽が黄道上もっとも北にある夏至点を通過する時刻で、これを含む日が夏至の ...

5月に真夏並みの高温~熱中症に注意

5月20日気象庁から、高温に関する異常天候早期警戒情報が発表されました。 5月26日日曜日に京都、帯広で34℃の予想になっています。真夏の気温であり、暑さに身体が慣れていないので熱中症に厳重な警戒が必 ...

気象庁3カ月予報(天候の特徴と見通し12月~2月)の紹介

今年は夏の猛暑、秋の低温と高温の繰り返しなど、気温の寒暖差が激しいですね。身体への影響も大きく病気の発病にも関わりますので、これから冬の天候がどのように推移していくのか気象庁の予測をみていきましょう。 ...

秋の天候(2)~9月ー12月はハウスダストが多い

鼻アレルギー、喘息、皮膚のかゆみ、アトピー性皮膚炎などの原因となるハウスダストは、ダニの死骸が増えてくる9月から多くなります。 その後12月まで多い状態が続きますので、対策が必要です。 レイコップ(株 ...

Copyright© ブログ 東洋医学と気象歳時記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.