sunshine_6638005 | | ブログ 東洋医学と気象歳時記

「 投稿者アーカイブ:sunshine_6638005 」 一覧

最近の台風の上陸時勢力がつよい理由

2019/10/16   -その他

台風15号、19号で被害を受けられた方々に心からお見舞いを申し上げます。 今回は、この数年の台風被害が多くなっている理由を考えてみました。 (1)海水温が平年よりも高い。27℃以上の海域で台風は発達す ...

秋分~本格的な秋の到来 陰気を養う季節

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 秋分 天球上、黄道が赤道と交わる二つの交点のうち、太陽が赤道の北から南へ横切る点が秋分点で、春分点の対向点である。太陽が秋分点を通過するとき、つまり太陽の黄経が18 ...

内経気象学の講義もうすぐです(10月6日大阪)

2019/09/17   -未分類

 毎年秋に「運気論による天候予測と病症」と題して(一社)北辰会で講義をしています(その他講義内容、聴講費など)。今年は10月6日午後からです。会場は大阪府社会福祉協議会です。  紹介文 「今年は寒暖が ...

白露なのに猛暑

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 白露 二十四節気の一つ。陰暦では8月の節にあたり、処暑(しょしょ)の15日後、新暦では9月8日ごろにあたる。太陽黄経165度。露が凝って白く見えるという意味で、昔は ...

処暑と秋雨前線

処暑 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 二十四節気の一つ。立秋ののち15日で、8月22、23日ごろにあたる。暑気止息する意である。このころは日本は台風来襲の一つの特異日にあたっており、暴風や大雨にみ ...

大暑と梅雨明け

大暑(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説) 二十四節気の一つ。陰暦6月の節。夏至(げし)から約1か月後で、新暦では7月23日にあたっている。8月8日ころの立秋までの大暑の期間は、一年中でもっとも気温の ...

Copyright© ブログ 東洋医学と気象歳時記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.