関節リウマチ、膠原病

橋本鍼灸院のリウマチの症例ページの画像

■関節リウマチ:30代女性 来院の1年前より指の関節が腫れてくる。3ヶ月すると右膝関節が腫脹してくる。10ヶ月後にリウマチといわれる。手の指、手首、右膝の腫脹と痛み。リウマトレックスの服用を開始する。あまり症状の改善がないので、鍼を希望して来院(西洋医学の服薬は継続)。舌、脈、局所の反応から炎症が非常につよい状態。ただし敏感な体質なのでつよい刺激はできないと考え、頭に細い鍼を一本と、手と足の経穴に接触するだけの鍼施術を継続する。次第に関節の腫脹と痛みは改善されてくる。週に2回、一年ほど施術して、初診時CRPは2.3であったが正常域である0.09まで低下する。現在週に一回、鍼を継続してるが自覚症状は手首の痛みがたまにでるくらいで、関節滑膜の変化もなく病状は進行せずに安定している。

■リウマチ性筋多発症候群およびうつ状態 60代女性。ステロイド剤の廃薬と寛解2年前より頸、腕、背部の痛みがでて、腕手に力が入らなくなる。1年半前より両方の指関節が腫脹して痛みで力が入らなくなる、ステロイド10mg服用を始める。痛みは少し改善される。そのあと頭痛とひどい気分の落ち込みがでて服薬してすこし改善される。1年前に鍼を開始、肩関節の痛み、手の指の腫脹、発赤、脱力あり、うつ症状もあり、ステロイド5mgを服用している。症状の改善を希望して来院された。鍼ではつよいストレスによる炎症反応がみられ、背部への鍼と、腹部打鍼(腹部への刺さない鍼刺激)を根気よく継続した。1年ほどで症状はすべて消失し、ステロイド服薬もなくなり、畑仕事を一日しても大丈夫になる。現在月に1~2回予防で鍼を継続している。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.