にきび(ニキビ)の鍼灸

■ニキビ:高校生女子。3年前よりニキビができて(特におでこがひどい)、スキンケア、外用薬、抗生剤、各種石鹸などを色々試すが、効果なし。身体をみると、ストレスの蓄積と飲食物による炎症傾向であった。背部と足に鍼をする。30回ほど鍼施術を行いました。炎症を起こしやすくなる食事を改め、身体のストレスをとることが大事です。

■にきびは、青少年期の身体の炎症傾向があるところに油濃いものを食べることでおこります。局所の炎症をとりつつ、体質改善をすることで徐々に軽快していきます。

※記載の症例は、当院の鍼灸を受療されて同じような経過をたどることを保証するものではありません。症状・病気の程度、生活習慣や体質の違いで効果は異なることがあります。施術を受けられる際の参考としてご覧ください。