膝痛、変形性膝関節症


■膝の腫れと痛み:80代女性 3年前より右膝の腫れと痛みがでてくる。左膝は8年前に人工関節の手術をした。最近右坐骨神経痛がおこり歩行が困難になってくる。~右膝をみると炎症が強く赤く腫れあがっている。左に続き右膝に負担がかかって発症したものである。炎症をとり右半身の緊張をとる鍼を週に2回継続した。3ヶ月程で膝の炎症・痛みおよび坐骨神経痛は消失した。高齢で老化によるものでもほぼ症状が消失した例です。

■右膝の腫れ痛み:60代男性 3ヶ月前より急に腫れて痛み歩行が辛い。体重増加と膝への負荷が増えて発症したもので,炎症傾向を改善するため背部への鍼を週2回継続した。1ヶ月半程で痛みは大きく改善された。再発予防で継続している。

■右膝変形性関節症で炎症がつよい症例:50代女性 6年前より右膝が痛んで腫れてくる。変形性関節症といわれる。色々と治療するが一進一退の状態が継続する。立ち座り,歩行時に痛む。膝の状態をみると腫脹して熱感がつよく3度ほど左よりも皮膚温が高かった。東洋医学的には「熱痺」と診断され,炎症を取りながら足腰の弱りをとる鍼を行う。週に2回を継続し20回ほどで腫れも熱感もとれて痛みが消失した。

■膝の激しい痛み:60代男性 3ヶ月前より左膝内側が痛むようになり、次第に痛みがつよくなる。歩行するのも杖がないと困難。整形外科にて変形性関節症といわれるがあまり変化がなく、来院される。左膝の局所は腫脹して熱感がつよい。脈が炎症をしめすつよい脈で、舌も正常よりも赤みがつよく、炎症傾向がつよいことが示されていた。足の爪の際に太い鍼を2ミリほどごく浅く刺す鍼をおこなった。7回ほどで痛み、膝関節の腫脹は大きく改善され、歩行も痛みなくできるようになる。

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮市の鍼灸 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.