腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、下肢しびれ

■強い腰痛,頭痛など:40代男性 仕事の精神的肉体的ストレスで10年ほど腰痛・頭痛・首肩こりが強くてつらい。色々な施術をしたがあまり改善がみられない。~身体の緊張が非常につよい、背部の最も緊張したツボに鍼をする。継続して施術することで10回程でかなり楽になる。あと予防のために2週間に1度来院をしている。

■腰痛:40代女性 半年前より左臀部~大腿後面つっぱり痛む。みると腰部ツボは弱っていた。脈・ツボの反応から腎虚中心とする。腰にお灸をし手に鍼をした。10回程の治療で症状は消失した。

■脊椎すべり症:60代男性 15年前より歩くと左膝から下が痛んで休息しないと歩けなくなり,脊椎すべり症といわれる。東洋医学的には,足腰の弱りと左側の経絡の緊張によるものと考え,腰に灸をし,手に鍼をする。5回ほどの治療で30分歩いても痛みが出なくなる。症状が再発しないように二週間に一度の来院を継続している。

■左下肢のしびれ:40代女性 2か月前より,左下肢のしびれが治らない。レントゲンで椎間板がやや狭くなっているといわれた。足腰の弱りと左側の経絡の緊張によるものとして,足のお灸をし,手に鍼をした。10回ほどで症状は消失し治癒とする。

■急性腰痛:2年に一度くらい急性腰痛を起こす。いつも1週間くらいしてから他の医療でよくならず来院される。いつも2~3回ほどの鍼で治癒する。このように局所にしないで手もしくは頭などへの適切な鍼は迅速な効果があります。急性腰痛では局所への鍼は,時に悪化することがあるので当院ではいたしません。

■腰椎ヘルニアによる下肢挙上困難:30代女性 1年前よりMRIで腰椎4・5の軽度ヘルニアと言われる。右下肢挙上すると大腿後面が引きつり痛む。はじめ手の経穴に鍼をしたが改善がみられないので,腰部の経穴に鍼を10回ほど継続すると,1年以上続いた症状が消失し,激しい運動をしても症状はでなくなる。

■坐骨神経痛とホットフラッシュ:40代女性 軽い腰痛が5年ほど前からある。1ヶ月前にストレッチをしてから腰痛が発症。3週間して更に大腿、下腿、足まで痛みが起こってくる。正座が痛くてできない。また4年前よりホットフラッシュが一日数回おこり、のぼせて頭部から発汗し、ゼイゼイと息苦しくなる。初めは腰部の側面の経穴に鍼を続け、10回ほどで腰部と足の痛みは緩解する。その後、ホットフラッシュの治療のため頭に一本鍼を継続し、10回ほどでホットフラッシュも消失した。

■15年来続く左頸の痛みと腰痛、臀部痛:60代女性 15年前に車に乗っていて追突され、左頸の痛みがでてくる。以来痛みが毎日続く。1ヶ月前に風邪を引いてから、腰痛、下腹部痛、臀部痛が出てきてまた非常に疲れやすくなる。西洋医学による検査では異常はみつからなかった。脈・舌はしっかりしており、その他所見から総合して、頸の痛みは左側上半身が以上に緊張しているため継続、風邪をひいてからの腰痛は、東洋医学でいう痺病であると考え、左の上背部に鍼を一本する。背部は肺があるので、鍼は横刺といって皮膚に沿わせるように安全な方法で刺入する。5回ほどで、腰痛・臀部痛と15年来の頸部の痛みも消失し、倦怠感もなくなり元気になられた。

西宮・橋本鍼灸院トップページ

 

更新日:

Copyright© 西宮市の鍼灸 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.