過敏性腸症候群

■10代男子。ひどい腹痛が発症し、当初細菌性大腸炎と診断されるが、炎症反応がなくなっても登校できないほどの腹痛が継続する。問診と体表観察所見から、ストレス性の腹痛と考える。身体のつよい緊張があるので、それを緩める鍼を行い、ゆっくりと散歩を長く歩くように指導する。30回ほどで次第に腹痛はおさまった。

※記載の症例は、当院の鍼灸を受診されて同じような経過をたどることを保証するものではありません。症状・病気の程度、生活習慣や体質の違いで効果は異なることがあります。施術を受けられる際の参考としてご覧ください。

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.