不妊症の鍼灸(女性・男性不妊症)

不妊症

30代女性:主訴は不眠、背部痛・腰痛で橋本鍼灸院に来院。2回人工授精するが成功せず、10回ほどで主訴は軽減、続いて妊娠を目標に鍼灸を継続する。途中人工授精をするも流産し失敗したので、この療法は中断して、鍼灸のみで継続する。施術開始10カ月目で自然妊娠する。以降、何度も子宮収縮が起こるが、そのたびに鍼灸で乗り越えて安定期に入った。また以前より、唾液アミラーゼが高かったが、次第に正常値に収まるようになる。

精子減少症による不妊

30代男性:2年前に不妊症のため検査をすると総精子数が500万程度と精子が減少していた。当院では腎虚として鍼灸と養生法を行い、4ヶ月ほどで正常である4000万個になる。その後、無事奥さんは妊娠して元気な子供さんを出産された。

卵管閉塞

30代女性:第二子が欲しいが、卵管閉塞で通りをよくしなければ難しいと言われる。卵管に通水すると激痛で耐えがたい為、一回で中止。卵管の通りをよくしたいので来院される。

その他症状は右肩首の痛み、風邪をひきやすいなどある。
東洋医学的に、脈は固い、舌先が赤い、腹部右下腹部かなりの緊張、背部・手足のつぼ共に緊張がつよい。これは身体がつよく緊張していて卵管周辺の血行が悪く症状がでていると考え、背部の緊張をとり下腹部の循環を良くするツボに鍼をする。

週2回来院し、20回ほどで卵管に水を通しても痛みが起こらなくなった。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.