体力低下・虚弱体質

■風邪がなおらない:50代女性1か月前より風邪をひいて繰り返し発熱、下痢、倦怠感の症状が取れない。従来一年中疲労感があった。ストレスによる免疫低下と考え、背部への鍼を行う。5回ほどで症状がとれて風邪を治り、来院以前よりも元気になる。

■インフルエンザ、風邪の予防の鍼:小学生女子毎年インフルエンザと風邪の予防のため、11月から2月まで毎週一回、鍼にきている。一本だけのごく浅い鍼をはじめてからまったく風邪などひかなくなる。これは鍼によって免疫がつよくなっているため(漢方では気が充実)と考えられます。

■免疫低下による感染症罹患:小学女子毎年のように冬の間中、風邪を引いて病院にかかっていた。手足が氷のように冷たく、脈が弱く体力が低下していたので、足のツボ一箇所に鍼を毎週継続していたところ、2月現在、この冬は一度の風邪もインフルエンザにもかからず元気である。手足も温かくなる。この症例は、鍼で免疫の働きが増強されて感染症に罹らなくなったと考えられます。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

 

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.