突発性難聴,めまい

■突発性難聴:60代男性 二カ月前に右耳突発性難聴を発症。1週間ステロイド療法をするが変化なし。聴力は半分程度。耳がつまって外部の音が大きく響きとても気分が悪い。発症前に仕事のストレスなどがかなりあった。
身体を調べると、上半身の緊張がとても強い。特に右上背部、腹部右上などに反応があり、脈、舌の状態、その他症状より過緊張によるものと思われた。また年齢による下半身の弱りもあり、上下のバランスが悪くストレスをきっかけに発症したものである。はじめ上半身の緊張をとるために頭に鍼をしました。何回かの鍼の施術の後、下半身の弱りを取るために「腎」に関わるツボに鍼をしました。以上の処置で症状は次第に軽減していき3分の1程度になり、更に継続して10回ほど施術を行い、ほぼ症状は消失しました。

■突発性難聴:30代男性 仕事の試験のストレスのため、右耳の突発性難聴を発症。ステロイド療法を行い、聴力が回復するが耳の詰まった感じと耳鳴りが回復しないので来院される。身体をみると上実下虚で下半身が弱り相対的に上半身が緊張した状態であった。手足に1本ずつ上下のバランスをとるために鍼をする。週に2度、鍼を行い、すこしづつ症状は軽快し、試験にも無事合格した。更に継続して鍼を行い、症状はほぼ消失した。

■めまい:40代女性 すこし歩くとふわふわとめまいがする。服薬にて改善せず、左右のバランスが悪いとみて、手足に一本づつ鍼をして左右のバランスをとると5回ほどで、症状は消失した。このようなタイプのめまいは、ストレスが身体の筋緊張などの左右差をおこして発症することが多く、鍼でバランスをとるとよくなってきます。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.