突発性難聴,耳鳴り

■突発性難聴:60代男性 二カ月前に右耳突発性難聴を発症。1週間ステロイド療法をするが変化なし。聴力は半分程度。耳がつまって外部の音が大きく響きとても気分が悪い。発症前に仕事のストレスなどがかなりあった。
身体を調べると、上半身の緊張がとても強い。特に右上背部、腹部右上などに反応があり、脈、舌の状態、その他症状より過緊張によるものと思われた。また年齢による下半身の弱りもあり、上下のバランスが悪くストレスをきっかけに発症したものである。はじめ上半身の緊張をとるために頭に鍼をしました。何回かの鍼の施術の後、下半身の弱りを取るために「腎」に関わるツボに鍼をしました。以上の処置で症状は次第に軽減していき3分の1程度になり、更に継続して10回ほど施術を行い、ほぼ症状は改善しました。

■突発性難聴:30代男性 仕事の試験のストレスのため、右耳の突発性難聴を発症。ステロイド療法を行い、聴力が回復するが耳の詰まった感じと耳鳴りが回復しないので来院される。身体をみると上実下虚で下半身が弱り相対的に上半身が緊張した状態であった。手足に1本ずつ上下のバランスをとるために鍼をする。週に2度、鍼を行い、すこしづつ症状は軽快し、試験にも無事合格した。更に継続して鍼を行い、症状はほぼ改善した。

■突発性難聴:30代女性 左耳突発性難聴を発症して5日目、左聴力70~75デシベルで音がほとんど聞こえない。耳鳴りは少しだけ。ステロイド内服をあと2日で終了。症状の改善があまりないため当院に来院される。
左背部、左腹部がかなり緊張している。仕事のストレスの為、左上半身の緊張のために発症したと考え、左頭のツボと左指のツボに鍼をする。3回の施術で音が大分聞き取りやすくなり、6回にてほぼ正常に戻った。早期に施術を開始したため、回復が早かった症例です。

※記載の症例は、当院の鍼灸を受診されて同じような経過をたどることを保証するものではありません。症状・病気の程度、生活習慣や体質の違いで効果は異なることがあります。施術を受けられる際の参考としてご覧ください。

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮の鍼灸院 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・北辰会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.