不眠

■不眠症

60代女性・半年前より精神的ストレスがあってから眩暈症状が出てくる。レントゲン検査で頚椎症と言われた。右を向くと右肩が痛む。眩暈と同時に不眠症が出てくる。導眠剤をもらい服用するが翌日ふらふらして気持ち悪い。症状の改善を求めて来院される。

身体をみると上実下虚という、上半身が緊張して下半身が弱った状態でした。上の緊張を緩めて下半身をしっかりさせる鍼を行いました。週に2回の治療を続け、導眠剤も徐々に飲まなくても眠れるようになり、症状が改善して予防の為に通院を継続しています。

■不眠・うつ症状
60代女性1年半前より不眠になり次第にやる気がなくなって1日寝てばかりになる。心療内科を受診・服薬するが改善せず入院治療となるが症状は不変。主治医からの紹介で当院を受診する。身体をみると脈は力なく,胃腸のツボが弱っていた。これは体力低下から精神状態に影響したものと考え、体力・免疫を強くする鍼灸を行った。足のツボに鍼灸を週1-2回を3ヶ月程継続したところ不眠も改善し動けるようになり退院して家事もできるようになった。以降、再発予防で時々来院している。

 

西宮・橋本鍼灸院トップページ

更新日:

Copyright© 西宮市の鍼灸 橋本鍼灸院 | 少数鍼・小児ハリ・打鍼 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.